スズメバチの巣駆除ならプロがやってくれます!パパっと解決

生活エリアに進入する

家

スズメバチは春頃になると巣を形成しようと活発に活動し始めます。巣作りの起点となるのは女王蜂で、幼虫を産んで徐々にコロニーを拡大していきます。巣が大きくなると、スズメバチの数も多くなってきます。巣をしっかりと守るために働きバチが活動していて、巣の中では幼虫の世話や繁殖活動を行なっています。主にスズメバチの繁殖が進むのが、秋ごろだと言われていてその頃になると普段から凶暴だと言われているスズメバチもより危険性が増します。うっかり巣に近づいてしまうと警戒音を発せられる前に、ハチの奇襲に遭遇する可能性もありますよ。そういった事態の発生を防ぐためにも、スズメバチの巣を発見した場合はなるべく近づかないようにすると良いかもしれません。

スズメバチは本来森林や山奥などに巣を作る傾向にあるのですが、場合によっては人間の生活エリアに巣を作ることもあります。巣の近くでは働きバチが活発に行動しますので、そこが人間の生活エリアだととても危険です。特に、公園などの子供の遊び場になっている所で巣を発見した場合には、早急に駆除を行なうことが求められるでしょう。駆除を行う際にはハチを刺激しないように、自身で行なうよりもプロに依頼すると良いでしょう。プロであれば、ハチが落ち着きを見せる夜頃に、専用の防護服を身にまとい、専用の機材でしっかりと駆除を実行してくれますよ。スズメバチの巣を駆除業者にお願いする時には、ネットなどを活用して業者に関する情報を集めておくのも賢い判断です。

Copyright © 2016 スズメバチの巣駆除ならプロがやってくれます!パパっと解決 All Rights Reserved.